トメの料理による嫁イビリ。なんか苦酸っぱい感じがしたので、これはキタなwwwと思ってゲロゲロってみたらwww

873: 2013/06/11(火) 11:20:52.60 P

トメのイヤゲものや男梅にうんざりしたので、偽実家で微妙に古い鳥肉を食わされた時に、革ソファーにゲロぶちまけてやりました。
嘔吐反応?が強いらしくて、舌の根元を指で抑えるとすぐゲロ吐けるので。

嫁子「ゲェーッ…あれ、あの鳥肉かも…オゲェーーッ」

オット「おわっ大丈夫か救急車呼ぶか何食わせてんだよ!オヤジは大丈夫か!」
温和を絵に描いたウト「いや大丈夫だが、胃が鍛えられてるせいかもしれんが」
トメ自爆「お父さんやあんたには新鮮なので作ったわよ!」
男二人「には、って何だよ!?どういうことだ!」

孫欲しい欲しい言う傍らで嫁子に変なものを食わせるとは頭おかしいのか、と締め上げられてトメ蒼白でざまあ。

874: 2013/06/11(火) 12:01:22.28 0

>>873
トメ性格悪過ぎだね
どういう育ち方したらそんなクソ意地悪くなるんだ

875: 2013/06/11(火) 12:47:24.18 0

仮に妊娠初期だとしたら、食中毒になったら残念な事になりかねないよね
そうじゃなくても、古い鶏肉って怖いよね
トメ、自分のやってる事がわかってるのかな

876: 2013/06/11(火) 12:57:03.30 0

トメ人殺し…

877: 2013/06/11(火) 12:59:46.76 i

男梅も孫が欲しい訳でなく、嫁への嫌がらせOnlyか。
そんなに嫌いなら嫁は招かなきゃいいのに。
と思うけど、トメ世代の人には難しいことなのかもね。
結婚したら夫婦で行動、嫁が遊びに来ないと近所や友人から軽く見られる(逆の立場なら見下す)っていう常識?に縛られていそうだ。

878: 2013/06/11(火) 13:14:43.52 0

嫁いびりのために殺されたニワトリが哀れでならんわ。

879: 2013/06/11(火) 13:14:54.45 0

革ソファーにゲロGJ!

食でイビリをかますトメ多いね。
それだけやりやすいんだね。
知り合いのめっちゃ気が強い石奥が結婚前にお呼ばれしたら事前に話したことのあった嫌いなメニューのオンパレードだったそうな。

腐れ食材は酷いな。
わざわざ腐れを別に用意しておく根性こそ腐ってる。

880: 2013/06/11(火) 13:34:29.29 0

改めて用意せずとも、冷蔵庫の奥の方を探せば何かしらあるんじゃないか

881: 2013/06/11(火) 13:37:54.41 P

なんか苦酸っぱい感じがしたので、これはキタなwwwと思いまして。

簡単に吐くのは体に良いわけはないので、昔から食べたものが危ないかもとか、飲まされすぎたかも、位の時に使って役立ってました
その後は、
・もう一切、物は受け取らない!
・偽実家に行ったり、トメさんがうちに来るのは嫌!
・もうトメさんと二人だけで顔合わすのは嫌!
の三点通しました。

ウトさんが、女の心の中ってのは本当に分からんよとがっくりしてました
姑の心理って何なんでしょうね。
主婦と妻と母の相剋?

882: 2013/06/11(火) 13:43:04.38 0

・アテクシの息子ちゃんを奪った
・家で一番若い女で自分と血のつながりがない
・ウトもちやほやする

こんなところ?

883: 2013/06/11(火) 13:56:59.06 0

絶縁案件だわ、無事でなにより

884: 2013/06/11(火) 14:02:00.06 0

その日のために古くなるのを待たれた鶏肉・・・

885: 2013/06/11(火) 15:01:15.51 0

そのゲロにトメの顔をブチ込む、まで行かないとDQ返しとまでは行かないかな

886: 2013/06/11(火) 15:26:17.03 0

トメの口を大きく開け、その中にゲロをブチ込む じゃないのか

887: 2013/06/11(火) 15:27:08.87 P

ウトさんはめっちゃ温厚な技術職で尊敬に値するんで、絶縁はないかなと

トメ氏は、なんでしょうね、嫁子の存在感上昇に比例しておかしくなっていった気がする。

やっぱ、巣に雌は一匹ずつにするのが平和のキモかなと。
もう一回同じことが有ったら、顔面に直ゲロをぶちまけて差し上げます

889: 2013/06/11(火) 18:05:45.36 0

>トメの口を大きく開け、その中にゲロをブチ込む

ペンギンのエサやりを思い出した・・



【宣戦】義実家にしたスカッとするDQN返し 238【布告】
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/live/1366758087/
関連記事

この記事へのコメント

コメントする

非公開コメント
本文