【1/7】トメが合鍵を使って勝手に出入りするので、誕生日のプレゼントに『トメの持つ合鍵が欲しいです♪』といってみた結果

458: 2008/11/04(火) 00:08:43 0

勇者…とまではいかないが、すかっとはしたので。

結婚して1年ちょっと。近距離別居のトメ。
なぜか持っている我が家の合鍵でしょっちゅう出入りしている。

会社から帰ってくると食事ができて待ってたり、
いないまでも洗濯物がきちんとたたまれておいてあったり、
冷蔵庫が知らないもので満杯になっていたり。

一緒にごはんはそれこそ普通だし、流れで泊まっていくことも多い。
自分の家みたいに家事をして主婦やってる。
私としてはおもしろくない。

結婚記念日まで仕切られて、悪意以上に厄介だと思ってしまった。
それとなく、嫌なんだよってダンナに言うけど
にぶちんなのか、あえてもめ事から逃げてんのか取り合ってくれない。

んで、本日、あいかわらず昼過ぎからやってきたトメと3人でお茶など飲んでいたんだけど、
電線に雀がきれいに等間隔を空けて数羽とまっているのを見て
「不思議ね~」とか言ってるトメに
「あんな雀でも、適度な距離って言うのを知ってるのにね…」と遠い目をしてつぶやいてみた。

ぴしっと空気が凍り付いたのを感じた。しめしめ。

「そうそう嫁美ちゃん、もうすぐ誕生日だけど何が欲しい?(だんな)とふたりでなら、ちょっとお高いものでもOKかもよ!」としらじらしく話題を変えてきたから
「そうですねー、お義母さんの持ってらっしゃるうちの合鍵がぜひほしいですねー」と満面の笑みで、目だけ真剣に言い放った。

ご飯も食べずに帰って行ったから思うところはあったんだろうな。
そそくさと何も言わず寝室にこもったダンナは敵認定した。

もう容赦しないぞと誓いつつ、カキコ。

459: 2008/11/04(火) 00:16:37 0

>>458
高らかにゴングは鳴ったなw ガンガレ!

460: 2008/11/04(火) 00:18:40 O

>>458
綺麗な例えにGJ

461: 2008/11/04(火) 00:19:34 0

でも、何を頑張らなきゃいけないのかと思うと空しいよね

しっかりした旦那ならしなくていい頑張りと思うとね

462: 2008/11/04(火) 00:22:23 0

なんか嫁の性格とトメの性格が合わないって不幸だよね。

このケースだって、天然ちゃん嫁ならバッチリ合ってたろうに。

食材も買ってくれて、ご飯も作ってくれて、洗濯もやってくれて、それであんまり恩着せがましくないなら良トメって気がする。

464: 2008/11/04(火) 00:31:41 0

人として距離がとれないトメじゃ誰だって嫌なんじゃ…
大体別世帯になっても息子の世話したいなんて反吐が出る

466: 2008/11/04(火) 00:44:15 0

>>458
GJ!明日以降も素知らぬ顔でやってきたら旦那共々〆ちゃえ!

一緒にご飯、流れで泊まる~って事はトメ一人暮らし?

役に立つ私!をさりげなくアピールしてるんじゃないかな。

旦那やトメから遠まわしにでも同居の話とかはでてない?

「このまま住んじゃおうかしらー」とか「お前も楽できていいじゃん」とか。

469: 2008/11/04(火) 00:53:00 0

でも、合鍵返してもらってないんだよね。
頑張れ。

旦那は同居を狙っている可能性ないの?

471: 2008/11/04(火) 01:04:31 0

>458のウトメは何をしてんだろ。鬼籍に入ってるのかな。
だいたいそういうトメさんは、ウトメさんにかまってもらえないので暇をもてあましているというのがパターンなんだが。

472: 458008/11/04(火) 01:07:30 0

レス、ありがとうございます。

トメ、一人暮らしです。
ウトは亡くなってて私も会ったことはありません。

良トメ…なのかもしれませんね。

でも、まだ新婚で二人の生活をやっていくのが楽しくて、そこに入り込まれてうざかったかな。
今夜はこれつくろーって買い物して帰ったらご飯出来てたりしてがっかり、とか。

さっき寝室に向かって「かーちゃんとこ帰ってもいいぞー」って叫んできた。
どうせ鍵渡したのダンナだろうし。
1年我慢したからもう充分だと思うんだけど。

どうせ夫婦二人の暮らしが出来てないんだからこれで壊れたっていいや、って今は思ってしまってる。

473: 2008/11/04(火) 01:07:39 0

だんなもイラっとくるな



勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其134
引用元: http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1224816560
関連記事

この記事へのコメント

コメントする

非公開コメント
本文